お年寄りがスポーツクリエイターに!スマートコミュニティ稲毛との取り組み

2017.2.7 ゆるスポーツ

お年寄りが自らゆるスポーツを作り、楽しむという取り組みがシニアの健康維持を目指すコミュニティ型レジデンス「スマートコミュニティ稲毛」で行われました。
お年寄りが自らゆるスポーツを考えるというこのプロジェクトは、2016年11月7日を皮切りに3回のワークショップを実施し、12月23日のクリスマスパーティーで披露されました。

今回登場した新ゆるスポーツは、ゴミに見立てたカラフルなボールを相手陣地に向けて箒で掃き合う「ヘイトダスト」、投げたボールをチームメイトが”おぼん”で方向を変えてピンを倒す「ボンリング」、3種類のスポーツを実施して合計得点を競う「サンタアスロン」の3種目。

中でも特に盛り上がったのがヘイトダスト。
30秒という短い時間ながらも必死に箒で相手陣地にボールを掃くため、運動量もかなりあります。

ゆるスポーツ協会では企業や自治体、施設向けにゆるスポーツを共同開発するスポーツクリエイション事業を今後も行ってまいります。
ご興味のある方はサイトの問い合わせよりご連絡ください。

戻る