CONCEPT

発達障がいの有無に関わらず
子どもたちが一緒に遊べて・楽しめて
発達障がいの疾患理解が得られる
そんなスポ ーツの開発を目指したプロジェクトです。

発達障がい児は、
生まれつきの認知や行動の特徴によって、
対人関係やコミュニケーション、
行動や感情のコントロールなどに
困りごとを抱えることが多いと言われ、
インクルーシブ教育や合理的配慮の推進が求められています。

プロジェクトでは、Make・Playの2つの体験を提供しています。

Make
「ゆるスポDeco」の新種目開発。発達障がいに関する講座と種目を作る体験の提供。

Play
開発された「ゆるスポDeco」体験の提供。開発秘話や発達障がいに関するパネルなどもご一緒にお届けします。

詳細については、下記よりお問い合わせ下さい。

「ゆるスポ Deco」 事務局(NPO法人東京学芸大こども未来研究所 内)
Mail:deco@codomode.org

PAGE TOP

NEWS

    PAGE TOP

    MEMBER

    ゆるスポーツ「Deco」プロジェクト
    国立大学法人 東京学芸大学 鈴木聡研究室
    一般社団法人 世界ゆるスポーツ協会
    ゆるスポYOUTH
    公益財団法人 東京都公園協会
    株式会社 毎日放送
    特定非営利活動法人 東京学芸大こども未来研究所

    PAGE TOP

    ABOUT

    もしもボールが赤ちゃんだったら・・・。

    「ベビーバスケ」は、激しく動かすと大声で泣き出してしまう
    特殊なボールを使ったバスケットボール。

    叩いたり、勢い良く投げたりするのはNG。
    もちろんドリブルなんてできません。

    泣かせないように、そっとパスして、そっとキャッチ。
    プレイヤーの母性が試される、世界一ゆるいバスケットボールです。

    PAGE TOP

    RULE

    1:基本的にはバスケットボールと同じ。
    ボールを相手ゴールへと入れるスポーツ。前後半5分ずつ。

    2:チームの人数は、1チーム5人。
    フィールドプレイヤー4人、ゴールプレイヤー1人。

    3:ボールは特別仕様の「ベビーボール」。
    激しく振ったり、ドリブルしたり、勢い良く投げたりすると、大きな声で泣いてしまいます。

    4:試合中にボールを泣かせてしまうと、相手チームのボールになってしまいます。

    5:これらの行為もすべて、相手ボールとなります。
    「子煩悩」・・・ボールを持ったプレイヤーが4歩以上歩くこと。
    「過保護」・・・連続して3秒以上ボールを持ち続けること。
    「ダイレクトベビー」・・・ボールを味方プレイヤーに直接手渡ししすること。

    6:「授乳ゾーン」の中にあるゆりかごにボールを入れるとポイント。
    ボールプレイヤーが「授乳ゾーン」内でゴールすると2ポイント、外から投げ入れると3ポイントです。
    ゴールプレイヤーは必ずゆりかごを持たねばならず、「授乳ゾーン」から出てはいけません。
    「授乳ゾーン」に相手チームは入れません。

    7:ボールを叩くなどの危険なプレーは、「アンマザーシップファウル」とみなされ、相手チームにフリーベビー(フリースロー)が与えられます。
    フリーベビーが成功すると、1ポイント。
    ボールはやさしく扱いましょう。

    PAGE TOP

    STAFF

    スポーツクリエイター:八木原泰斗、松田壮、新美太基、氏田雄介、佐々木晴也
    ロゴデザイナー:佐藤ねじ
    ボールデザイナー:桐越奈緒子
    アンバサダー:藪内夏美(バスケットボール元日本代表キャプテン)

    PAGE TOP

    ABOUT

    ハンドソープボール。
    それは、手にハンドソープをつけるハンドボール。

    このハンドソープ、特徴があります。
    とんでもなくツルツルです。
    ボールを落とす度に、
    ハンドソープが手に追加されます。
    試合が進めば進むほどツルツルになります。
    あなたも、ソープレイヤーになりませんか?

    PAGE TOP

    RULE

    1:基本的にはハンドボールと同じ。
    ボールを相手ゴールへと入れるスポーツ。前後半10分ずつ。

    2:チームの人数は1チーム6人。
    フィールドプレイヤー4人、ゴールキーパー1人、ソーパー1人。

    3:試合前に選手たちは、
    スターティングソープ(ツルツル)を2ソープ手につけます。

    4:試合中にボールを落としたら、チームメイトのソーパーの元へと走り、
    アディショナルスープ(ツルツル)を1ソープ手につけます。
    ソーパーはフィールドの中には入れないので、連携が大事になります。

    5:胸でキャッチするのは「チェスティング」という反則。1ソープ追加。

    6:キーパーは胸キャッチあり。
    ただしキーパーもボールを落としたら、マイボールの際にソープ追加。

    7:ボールがフィールドの外に出たら、ボールにダイレクトソープをつけます。

    8:試合中は敵に「ソーピング申告」が可能。
    申告されたプレイヤーの手が乾いていれば、1ソープ追加。
    ツルツルであれば、申告したプレイヤーに1ソープ追加。

    9:試合後は、ツルツルの手で
    敵味方含めすべてのプレイヤーと握手をし終了。

    ※事前に許可を得ている施設でのみ体験会や大会を開催しています
    ※協会の管轄外で行われた体験会や大会について当協会は責任を負いかねます

    PAGE TOP

    STAFF

    スポーツクリエイター:澤田智洋
    デザイナー:斉藤安奈
    アンバサダー:東俊介
    サポーター:萩原拓也 、八所和己
    映像ディレクター:山部修平
    映像プロデューサー:藤崎克也
    オフィシャルゆるソング:シクラメン/誰かのために

    PAGE TOP

    ABOUT

    誰もが知っている足つぼとイス取りゲームを合わせたら、
    まったく新しいスポーツ「イタイッス」が誕生しました。

    体格よりも運動神経よりも、
    勝敗を分けるのは内蔵の調子次第。
    体を動かして健康、足ツボを刺激して健康。

    究極の健康スポーツです。

    PAGE TOP

    RULE

    基本ルールはイス取りゲームと同じです。
    1ゲームは3回戦制。プレイヤー6名+イス5個でのスタートです。
    2回戦は、5名+イス3個。決勝戦は3名+イス1個です。

    1:サンバの音楽が鳴り響く間、プレイヤーは外側のゾーンを回ります。
      陽気な曲に合わせて、思い思いのダンスを踊りながら回ってください。
    2:音楽が止ったら、激痛の足つぼゾーンを乗り越え、中央のイスへ。
      座れなかった人は脱落(=オソイッス)です。
    3:最後のイスに座った人が優勝となります。

    ※足つぼの敷き詰められてないライン上を渡るなどの行為は、「ズルイッス」とみなされ禁じられます。

    PAGE TOP

    STAFF

    スポーツクリエーター:小原淳平、長坂健太郎、公庄仁、小宮由美子
    デザイン:長坂健太郎
    イタイッスシート設計・製作:阪元裕樹、丸山博之
    協力:株式会社 そごう・西武

    PAGE TOP

    ABOUT

    それは、イモムシになりきってプレイするラグビー。

    ずいずいと這ったり、ゴロゴロ転がったりするうちに、
    年齢や性別や障がいの有無なんか忘れてしまいます。

    嗚呼…なんだか…
    人間に戻りたくなくなっちゃうな。

    PAGE TOP

    RULE

    1:専用のイモムシウェアを装着します。

    2:5 VS 5に分かれ、前後半5分ずつで試合を行います。

    3:基本動作は、ほふく前進か転がるか。

    4: 得点は2種類。L字型エリアのトライゾーンにボールを押さえたら2点(イモムシトライ)。
    スローラインより後ろからボールを転がし、コーンの間、ロープの下を通したら3点(イモムシスロー)。

    5:パスは基本ゴロ。前もOK。空中パスは後ろのみOK。

    6: ディフェンスはボールを持っているプレーヤーにタッチ(背中・腕・膝下のみ)。 タッチされたらボールをパス。5タッチで攻守交替。

    7:ラフプレーをした場合は、その場でひっくり返って1プレイ分「イモムシフリーズ」。

    PAGE TOP

    STAFF

    スポーツクリエイター:澤田智洋、yaddy
    イモムシウェアプロデューサー:佐柁ユウ巳
    ロゴデザイナー:宮崎史
    デザインコーディネート:小原 淳平
    アンバサダー:上原大祐(パラリンピック銀メダリスト)

    PAGE TOP

    ABOUT

    スイートスポットにブラックホール(穴)があいたラケットを使う卓球です。
    経験豊富な人ほど、穴にボールが吸い込まれて空振りしてしまいます。

    綺麗にホールを通過した場合にはその美しさを称え、 敵味方関係なく『ナイスホール!』と声を掛け合うルール。
    点をとっても取られても楽しめる、新ジャンルな卓球の誕生です。

    さあ、その手に宇宙を握りしめ、レッツプレイ!

    ※ラケット面には本物の宇宙写真を採用しています。

    PAGE TOP

    RULE

    ブラックホールの大きさはS、M、L、LLの4種類。
    ボールはラージボールを推奨。ダブルスがおススメです。11点先取で勝利。

    <ダブルス・ルール>
    1:チーム毎にラケットを選択しましょう。
    その際、ラケットのホールサイズ「S」と「LL」のセット、
    もしくは「M」と「L」のセットのどちらかを選んでください。
    パートナーのどちからは大きなホール、どちらかは小さいホールのラケットを使うことになります。
    2:チームでジャンケンをしてください。サービスかレシーブを選んで試合開始!
    3:2点ごとにサービスを交代です。
    4:6点になったところで、コートチェンジならぬ「ホールチェンジ」! 各チームのラケットセットを交換します。また戦略を練り直しましょう。
    5:10対10(デュース)になった際は、2点連続でポイントをとったチームの勝利。

    <シングルス・ルール> 点を重ねるごとにブラックホールが大きくなります。
    1:最初は各選手、ホールSサイズのラケットを持ってください。
    2:ジャンケンでサービス、レシーブを決めて試合開始!
    3:3点をとると、一つホールサイズが大きいMサイズでプレイ。
    4:6点とるとLサイズでプレイ。9点でLLに。
    5:10対10(デュース)になった際は、2点連続でポイントをとったプレイヤーの勝利。

    PAGE TOP

    STAFF

    スポーツクリエーター:大瀧 篤
    デザイナー:斉藤安奈
    サポーター:松下浩二、永松繁隆
    ラケット製作・会場提供:株式会社タクティブ(TacTive,Inc.)
    写真提供:JAXA/NASA

    PAGE TOP

    CONCEPT

    スポーツだけでもなく。遊びだけでもなく。
    笑顔で競い合える「親子のためのスポーツ」。
    それが、おやこゆるスポーツ。

    親と子が、手かげんなしで勝負する。
    親と子が、いっしょになって汗をかく。
    親と子が、できないことも乗りこえていく。
    親と子が、見せたこともない顔でわらいあう。
    もちろん大好きな友だちや、
    ときには地域の人もいっしょに。

    からだって、たくさんの感情といっしょに
    成長していくものだから。
    ワクワクも、ドキドキも、こんちくしょうも、
    いっしょになって体験できる場をつくりたい。
    かけがえのない「かぞくのいま」を、
    新しいスポーツのチカラで応援したい。

    そう願う私たちの、小さな活動がはじまりました。

    わらって、ころんで、かぞくになろう。

    おやこゆるスポーツ研究所

    PAGE TOP

    RULE

    ①アスリートから、アソビートへ
    運動が得意でなくても大丈夫。エリートを目指すスポーツではなく、この時期に最も大切な「好き」「楽しい」気持ちを育てます。

    ②ファミリーシップを育てる
    子どもたちだけに一方的にやらせるのではなく、親も一緒に本気になって取り組み、共に笑ったり悔しがったりすることで、家族の絆を強めます。   

    ③地域のみんなで子育てを
    子育てを孤育てにしないよう、地域の大人や異年齢のこどもたちもみんなが集まって、一緒に遊べる機会を創出します。

    PAGE TOP

    MEMBER

    キャプテン:飯田依里子

    コンセプト/スポーツクリエーション:
    飯田依里子、荻野綾、加藤倫子、多々良樹、下尾苑佳(ホリプロ保育園・ホリプロキッズ)、森岡大地(日経トレンディ イクメン隊)

    アートディレクション:
    糸乗健太郎、河瀬太樹

    開発協力:
    稲葉康二(株式会社エバニュー)、金澤恒輝(株式会社エバニュー)

    アンバサダー:
    安田美香(ホリプロ保育園)

    PAGE TOP

    ABOUT

    ばらばらにちらばった、たくさんのカラフルな、くつした。
    おなじがらのくつしたをさがして、
    じょうずにたたんで、カゴになげよう!
    くつしたが、たくさんカゴにはいったチームがかち!

    子どもたちが楽しく身体を動かしながら、
    くつしたのたたみ方を学ぶ事ができるお手伝いスポーツです。

    対象年齢:3歳以上(0〜2歳は大人が抱っこで参加可能)
    人数:2〜10人程度

    PAGE TOP

    RULE

    1:おなじがらのくつしたをひとつにまとめて、カゴになげよう!
    2:はんそく(=はんそっくす)すると、とくてんにならないよ。
    3:かたっぽしかないくつした(=かたほっくす)もあるので、きをつけよう。

    ※はんそっくす
    のーそっくす:がらをまちがえて、たたんだくつした
    ふぉっくす:きれいにたためていない、しっぽがでているくつした
    はとくてんにならないのできをつけよう。

    PAGE TOP

    STAFF

    スポーツクリエイター:中原小百合、高橋鴻介

    PAGE TOP

    ABOUT

    ○×スペースは、全身で楽しむ新感覚マルバツゲーム。
    プレイヤーは両手両足を使って、
特殊なガラスに投影される縦3x横3のマスを奪い合います。
    その姿はまるで、無重力空間を漂う宇宙飛行士のようです。
    宇宙遊泳をしている気分で、スポーツを楽しもう!

    PAGE TOP

    RULE

    基本ルールはマルバツゲームと同じ。プレイヤー人数は1vs1です。

    1.まず先攻・後攻を決めます。先攻が◯、後攻が×です。
    2.自分のターンになると、ルーレットで右手・左手・右足・左足のうち一つが選ばれます。
プレイヤーはその部位を使って、ガラスに投影されているいずれかのマスに触れます。
    3.触れたマスには◯または×が現れます。使った手足は、次の自分のターンまでガラスから離してはいけません。
    4.これを相手と交互に繰り返していきます。
    5.相手より先に、縦横斜めのいずれか一列の3マスを◯または×にした方の勝ちです。
    ※1ターンには10秒の制限時間があり、相手のターン中に手足が離れたらその時点で負けです。
    ※すでに使用している部位がルーレットで選ばれた場合は、違うマスに移動しなければなりません。

    PAGE TOP

    TECHNOLOGY

    Glascene®/グラシーン®

    AGC旭硝子が開発した透明なガラス製スクリーン。
    表面に特殊な加工が施されており、ガラスの透明性を維持しながらプロジェクターの映像を投影することが可能です。

    詳しくはこちら(http://www.agc.com/products/new_markets/detail/transparent_glass_screen.html

    PAGE TOP

    STAFF

    スポーツクリエイター:萩原拓也、大瀧篤、高橋鴻介、江國翔太
    デザイナー:高橋鴻介
    エンジニア:江國翔太
    共同開発:AGC旭硝子

    PAGE TOP

    ABOUT

    「しりもじ」でまるをかくと、がめんのうえからおしりがふってくる!

    たくさん、おおきなおしりをうんだほうがかちの、じんとりスポーツ。

    世界初の、尻文字で戦うスポーツです。
    子どもたちの間で苦手な子が増えている、屈伸の力を鍛えます。
    リピーター続出の、大人にも子どもにも大人気なスポーツです。

    対象年齢:3歳前後〜(0〜2歳は大人が抱っこで参加可能)
    人数:2人

    PAGE TOP

    RULE

    1:「しりもじ」でまるをかくと、がめんのうえからおしりがふってくる!

    2:おしりのおおきさは、かいたまるのおおきさ。

    3:たくさん、はやくまるをかいて、がめんをじぶんチームのおしりでうめつくそう。

    4:よりたくさん、よりおおきなおしりをうみだしたほうのかち。

    PAGE TOP

    STAFF

    スポーツクリエイター:多々良樹、飯田依里子

    アートディレクション/イラストレーター:糸乗健太郎

    プロデューサー:池田了(株式会社 アマナ)

    テクニカルディレクター:新村卓宏(株式会社 アマナ)

    PAGE TOP