ABOUT

もしもボールが赤ちゃんだったら・・・。

「ベビーバスケ」は、激しく動かすと大声で泣き出してしまう
特殊なボールを使ったバスケットボール。

叩いたり、勢い良く投げたりするのはNG。
もちろんドリブルなんてできません。

泣かせないように、そっとパスして、そっとキャッチ。
プレイヤーの母性が試される、世界一ゆるいバスケットボールです。

PAGE TOP

RULE

1:基本的にはバスケットボールと同じ。
ボールを相手ゴールへと入れるスポーツ。前後半5分ずつ。

2:チームの人数は、1チーム5人。
フィールドプレイヤー4人、ゴールプレイヤー1人。

3:ボールは特別仕様の「ベビーボール」。
激しく振ったり、ドリブルしたり、勢い良く投げたりすると、大きな声で泣いてしまいます。

4:試合中にボールを泣かせてしまうと、相手チームのボールになってしまいます。

5:これらの行為もすべて、相手ボールとなります。
「子煩悩」・・・ボールを持ったプレイヤーが4歩以上歩くこと。
「過保護」・・・連続して3秒以上ボールを持ち続けること。
「ダイレクトベビー」・・・ボールを味方プレイヤーに直接手渡ししすること。

6:「授乳ゾーン」の中にあるゆりかごにボールを入れるとポイント。
ボールプレイヤーが「授乳ゾーン」内でゴールすると2ポイント、外から投げ入れると3ポイントです。
ゴールプレイヤーは必ずゆりかごを持たねばならず、「授乳ゾーン」から出てはいけません。
「授乳ゾーン」に相手チームは入れません。

7:ボールを叩くなどの危険なプレーは、「アンマザーシップファウル」とみなされ、相手チームにフリーベビー(フリースロー)が与えられます。
フリーベビーが成功すると、1ポイント。
ボールはやさしく扱いましょう。

PAGE TOP

STAFF

スポーツクリエイター:八木原泰斗、松田壮、新美太基、氏田雄介、佐々木晴也
ロゴデザイナー:佐藤ねじ
ボールデザイナー:桐越奈緒子
アンバサダー:藪内夏美(バスケットボール元日本代表キャプテン)

PAGE TOP